頑者とは

2015 年 2 月 9 日 09:52

頑者のルーツ?

UNDERGROUND RAMENの松本です。

今回は川越のアングラの話を。

 

今ではつけめんの有名店として、ありがたいことに各メディアなどで取り上げていただいている「頑者」ですが、始めから現在の味、場所で営業していたわけではありません。

川越の「月吉」という場所、「ガンジャ」という屋号で営業しておりました。
味は背脂豚骨正油ラーメン!
実家の製麺所で生まれ育った店主大橋兄弟が幼きころからの食べ歩きの経験を経て、当時の自分たちの好きな味を追求した結果うまれたラーメンです。

その後、技術の向上や、麺の美味さを伝えたいということで、それぞれ「頑者」「ひかり」という店がうまれました。

そういうわけでガンジャラーメンとうのはルーツであり、思い入れもある大事なラーメンです!

そのガンジャラーメンを食べられのが、実家製麺所に併設された川越今成にあるUNDERGROUND RAMENですよ(^o^)